宝塚、そして時々競馬 石和田治樹のブログ

宝塚観劇感想、そして時々競馬のこと

今村聖奈騎手の今後を占う

news.yahoo.co.jp

本格的な夏競馬が始まった。春シーズンを振り返れば、武豊騎手日本ダービー6勝目&史上最年長V、タイトルホルダーのG1連勝など、話題が多数。それらに負けない注目を浴び始めたのが、今村聖奈騎手栗東・寺島良厩舎=の活躍だろう。  7月3日のCBC賞・G3でテイエムスパーダに騎乗し、重賞初騎乗初制覇の偉業を成し遂げた。5日現在19勝。従来の女性騎手の1年目の勝利記録(9勝)も大幅に塗り替えている。  デビュー前から何度も取材しているが、その度に感心する。新人とは思えないほど、冷静で、堂々としているのだ。  トレセン内では、福永祐一騎手らに質問する光景をよく見かける。「本当に緊張しない性格」と自己分析するように、大先輩にも物おじしない。「緊張してしまうと、自分の聞きたいことが聞けなくなる。最終的に『これを聞いておけばよかったな』ってなるより、しっかり気になるところは聞く」。果たして、18歳で、ここまでの行動力を持てるだろうか。この貪欲さは、間違いなく強みの一つだろう。  さらに驚くのが、切り替えの早さだ。新人ならば、1勝で大喜びしてもおかしくない。だが、今村は良い意味で余韻に浸らない。「次のレースは携わる人が変わってくるので、自分だけ浮かれている状態ではいけない」と平常心を心がけている。負けたときも同じ。あえて時間を置いてからレース映像を見返すのもそのためだ。  「月曜、火曜はどうしても主観的。言い訳を探して、自分の中で腑に落とそうとする。絶対それだと伸びないと思う」  敗戦にも真正面から向き合う姿勢には、脱帽するばかりだ。「日を置いてパッと見た時に『やっぱりここダメだよな、直そう、もう同じ失敗はしないようにしよう』って思う」。デビューして約4か月で、既に勝負師のメンタルを身につけている。  今村より5歳上で、社会人としてもわずかに先輩の私。自分の仕事ぶりを省みて、思わず「尊敬します…」と本音が出た。しかし話を聞いていると、18歳らしい素顔も知ることができた。  オフの日は、家族ともあまり競馬の話はしないという。「寝るか、自己投資」で、休みを満喫している。髪を切りに行ったり、サロンで日焼け対策を行ったり、身だしなみにも気を遣う。同期とカラオケやユニバーサル・スタジオ・ジャパンで思い切り羽を伸ばすのも、気分転換の一つだ。  スーパールーキーにも、一人の競馬ファンに過ぎない時代があった。憧れは、武豊騎手。コラムも欠かさず読んでいたほどだ。もちろん、今でも特別な存在。「ゲートや返し馬で横にいらっしゃると『豊さんいる! やっぱめっちゃかっこいいな…』って」。レジェンドを語るときは、まるでファンに戻ったかのよう。きらきらと目を輝かせる姿が、印象的だ。  今後の目標を聞かれても、いつも「目の前に与えられたチャンスをものにするだけ」と謙虚な姿勢を貫く。しかし先日、初めて具体的な未来像について聞くことができた。「2歳馬でポンって結果を出して、次も乗って、重賞とか乗れたら…。またその馬との巡り合わせもあると思うので、狙ってます。自分で教えたことが競馬につながってくるから、愛着がわくと思いますしね」。多くの一流ジョッキーのように、デビューから手綱を執る一頭とG1を勝つ。今村聖奈なら、それも夢ではないと感じる。(中央競馬担当・水納 愛美)

頑張ってほしいが、女性騎手が不調に陥るのは大体落馬が原因。藤田も度重なる落馬ですっかり逃げか消極的な競馬に終始するようになり、過去には重症を食らって騎手生命を縮めた人までいる。今はいいが騎手という職業は必ず落馬長期休養などにより逆境に陥る時期があるので、真価が問われるのはそれからだろう。

いい加減にしろコロナ

宙組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演『カルト・ワイン』の公演中止(7月5日~7日)について(追)」

kageki.hankyu.co.jp

宝塚大劇場公演『グレート・ギャツビー』公演関係者の新型コロナウイルス陽性判定ならびに公演初日の変更について」

kageki.hankyu.co.jp

更新しない間に昨日夜唐突に流れ、ヅカヲタを震撼させた連続コンボ。

カルトワインは配信のあった千秋楽がものの見事に吹き飛ぶ。東京初日とかビデオ撮りしていたのなら、流してもらいたいが。
月組は正直チケットが飛んだ。他組というか某組とは違って今の月組は大人気、既に大劇場のチケットは完売なのだ。新人公演のその他の配役がなかなか発表されなかったのは稽古途中から陽性者が出ていたのが理由かもしれない。その新人公演は8月2日。今回も実施されるかどうかは微妙だ。

 

【宝塚】雪組で注目している下級生

なんだかんだと雪組「夢介」「センセーショナル」も遂に千秋楽。現在特に贔屓の男役はいないけど、個人的に密かに注目している若手を挙げてみる。「今更かよ」と思ったかもしれないがそれはご勘弁。

日和春磨さん

101期、愛称ぴよた。縣さんと同期。いや、顔はスカステなどで認識してたんだ、童顔なので子役専科だと勝手に思いこんでいたら、今公演でとんでもない認識違いだったことを思い知る。

まずとんでもなく踊れる。今の体制になって雪組はダンス中心に変貌した。路線以外の歌手は組長副組長さんと久城あす&愛すみれさんといった上級生、若手ではすっかりエト職人になってしまったイチオシの有栖妃華さん他若手何人かにほぼ固定され、その他の組子はとにかく踊れないと存在意義がない状況。
そんな中彼女はダンサーであること自体から知らなくてホント恥ずかしいのだけど、どこかのシーンで娘役さん3人でフエッテをやる場面に登場、娘役さんもそのような場面に出てくる人はダンサー揃いなのだが、正直彼女らよりも回ってた。しかも今回東京プログラムの日経の広告ページに写っているのだけど、顔が小さい!同期縣が歌舞伎役者かというぐらい結構大顔なので対比が目立つ。群舞などでトップさんの真後ろで踊ることもあり、トップさんの背中を見る位置を与えられているのは余程のダンサーである証拠。

 

紗蘭令愛さん
103期。まず雪組にしてはデカい。横にもデカく見えるので結構存在感がある。しかも顔つきが他の同期下級生とはちょっと違うのでかなり目立つ人。金髪にしていることが多いのでそれに拍車を掛けている。何が得意なのかだがけど、群舞にいることが多いのでダンスか?スタイルがそっくりな妹さんもジェンヌ。上記二人は仕切り直しのオデッセイに出演。

 

霧乃あさとさん
106期。ま、同期には若き日の柚香光を彷彿とさせているド路線のかせきょーさんがいるのだけど、この人も入団時成績5番目で決して負けてない。たまたまショーで叶ゆうりさんが何日か休演していた時に観にいったのだけど、彼女の歌のソロの代役がこの人で、結構歌えるのを認識した。別箱は心中・恋の大和路組でかせきょーさんと分けたのも賢明。通しの役もついていたのでこれから期待。

【宝塚】花組初日感想

思えば前作「元禄バロックロック」「The Fascination」の宝塚大劇場初日をたまたま観劇できた時が始まり。特に番手などには興味もなかったが、「水美舞斗さん、2番手羽だよな?」とは一応思っていた。他組の二番手、月組のちなつさん雪組のあーさはその前の公演で既に二番手羽根を背負っており、2番手時代が長くなった芹香さんは今更言うべくもない(次の火種の星組については別の機会で)。

ところがどっこい、マイティは3番手の羽根しか与えられず、2期下の永久輝せあさんと同等に置かれていた。それをA席の片隅でオペラで見届けた時に「あ゛~!」と声が出そうになった。大劇場場内の観客の息、いや息の根が止まったような、シラ~とした拍子抜けしたような空気を忘れない。そしてそこから始まった「騒動」については今更言うべくもないだろう。

しかして3月の「TOPHAT」を経て(ショーなし)、今回の「巡礼の年」「ファッショナブルエンパイア」。それまで肩入れすることはなかったのだが、「水美さんが2番手羽根を付ける日を見届けなければならない」、あらゆる伝手を探して直前でようやくゲットできたB席チケットを手に宝塚大劇場に乗り込んだのだった。

(お芝居・ショーは全て端折って)やっとこさショーのフィナーレ、エトワールは今回惜しくも今公演で卒業される若草萌香さん以下階段真ん中降りは同じく卒業する飛龍つかさ・帆絢まひろ・一ノ瀬航季各人の三人降りからこの方も退団で大騒ぎになった音くり寿さんの一人降り→専科になって真ん中一人降りになったさおたさんと続いたところで、問題の永久輝せあさんは三番手羽根のまま!そしてB席の片隅から「銀ちゃんの恋」のお衣裳のような銀色ビカビカの脚が見え、ついについに白い二番手羽根を背負った水美さん登場!

その時の拍手のデカさと言ったらまるで大劇場が爆発したかのような爆竹どころか歓喜の爆弾拍手!3席ほど離れてたマイティファンと思わしき方がハンカチで涙を拭っていたのもはっきり見た。

そしてカーテンコールでのトップスターカレーさんの「水美の羽根」と指摘した時の場内再びの盛り上がりと涙を流す水美さん。(これはスカイステージの宝塚ニュースでも不自然に取り上げなかったので、ここに書いてネットには残す)。いいものを見せてもらいましたとしか言いようがない。

 

これかられいまいコンビはどうなるかわからない。二番手羽根を背負って「しまった」ので、もうトップに上がるか二番手で卒業するかの選択肢しかなくなってしまった。花月星のトップは同期で占められ、残る二席もいつ開くのかも分からない。だけどこの公演が終わるまでは、刹那にもれいまいコンビを楽しもうと思った。

【宝塚】月組「グレート・ギャツビー」香盤

kageki.hankyu.co.jp初演1991年雪組と今回を表でも作って比べようと思ったが、めんどくさくて止めた。

それでも、当時の雪組にはトップの杜けやきカリンチョさん以下一路真輝香寿たつき高嶺ふぶき轟悠和央ようかの後のトップさんが綺羅星の如くいて、すごいことになっていたろう。今回もれいこさん以下、風間・礼華・彩海らがズラッとそれなりの役に就いており、後のトップを予感させる。唯一ちなつさんだけが微妙だが。

 

娘役、例の娘2の二人の役、初演でやった人はトップになっていない。娘役で唯一なれた純名里沙は当時研2つまり伝説の「初舞台エトワール」をやった翌年新人公演初ヒロインもやったという爆上げだった。その後あのドラマに出るため休演の後、花組にトップ娘役含みで組替えになった。彼女の役をやるこの人はどうだろう?

【宝塚】月組退団者

kageki.hankyu.co.jp

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

月組
夏月 都 88期
晴音 アキ 95期
佳乃 百合香 101期

2022年10月9日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

まあ驚いて暫く経ったのでコメント。

 

前回「ロマンス劇場」千秋楽で卒業したのは娘役1名、もっともその前の「桜嵐記」で大量8名辞めている上、月組は別箱での退団も多いので、今回はもう

辞める人はいないだろうと油断していたら、びっくりの退団発表が出た。

 

佳乃さん

月組101期は前回「ロマンス劇場」で最初で最後の長の期を経て新人公演を卒業したのだが、何とこの期は最初に配属された組子全員が欠けることなく新人公演を卒業した期だった。新人公演卒業前に誰かは卒業を余儀なくされるのが常で、全員が残っている期は他の101期にも102期にもいない。103期は花組だけ、104期は雪組星組だけという状況で、よほど仲がいいのだと思う。4月のスカステ「Cafeふぉるだ」でゲストに出ていた天紫珠李さんが持ってきた音校時代の写真は彼女とのツーショットばかりで皆に愛されていた存在だったかと思う。ご本人はアニメ声で知る人ぞ知る方で、かちゃも突っ込んでたもんな。同期がスカイステージに出演が多い中、よく今まで頑張ったと思う。

 

はーちゃん

まあ「ブエノスアイレスの風」の歌手が餞別にしたのかと思う。この方は4月にやっていた95期文化祭のお芝居の中で既に目立っていた方で、以降の活躍も当然だった。歴代トップさんや珠様やれい子さんちなつありちゃんと組んでも相手を選ばないキャラだったと思う。同期が転向してあっという間にトップに駆け上がった分新公ヒロインになり損なったか。栄光の95期も娘役は3名だけになる。「組からと同期からのお花渡し」どうなるか?れいこさん、はーちゃんとなっちゃんにお花渡す?

 

なっちゃん

88期の現役は既に月組の組長副組長さんしか残ってない状況だのだが、ついに卒業を決めたので驚いている。下級生の頃は子役、最近は面白い役が多く、副組長も立派に務めているようだったので残念だが、研21、もう悔いはないだろう。お花渡しは誰だ?同期るうさんが自らお花を持っていくのかな?