石和田治樹のブログ

宝塚、そして時々競馬

【宝塚】2022年ラインアップ

kageki.hankyu.co.jp

グランド・ロマンス
『王家に捧ぐ歌』
-オペラ「アイーダ」より-
脚本・演出/木村 信司

ヴェルディのオペラとして有名な「アイーダ」を、宝塚バージョンとして新たな脚本、音楽で上演した『王家に捧ぐ歌』。古代エジプトを舞台に、エジプトの若き将軍ラダメスとエジプト軍に捕らえられ奴隷となったエチオピアの王女アイーダとの悲恋を、荘厳な音楽に乗せて華やかにドラマティックに描いた本作は、2003年星組での初演が絶賛を博し、第58回芸術祭優秀賞を受賞致しました。2015年宙組での再演も好評を得たミュージカル大作が7年振りに宝塚歌劇の舞台に登場。礼真琴を中心とした星組がお届けする、『王家に捧ぐ歌』の新たなる世界にご期待ください。

 初演は2003年星組、新人公演は柚希礼音さんの初主演。そして宙組で再演、本公演と博多座にてやったのだけど、新人公演初ヒロインの(星風)まどか衝撃のデビューが記憶に新しい。

で、最後の2016年博多座公演から変わったことと言えば、ファラオ役の箙(かおる)さんが卒業したこと。あと、何と行ってもアムネリス役が重要。宙組本公演のアムネリス役の伶美うららさんが「(歌以外)究極のアムネリス」だったので(博多座公演のアムネリス役の彩花まりさんも良かったが、うららさんの「美の暴力」には正直劣った。)、
アムネリス役として思い浮かぶのは、実は星組には少なくて、
凪七瑠海(専科特出)
有沙瞳
小桜ほのか
しか思い浮かばない。カチャは女王役は得意だが、ちょっと舞空さんとは期が離れすぎているし、くらっちほのかは正直女官キャラだし、下記のせおっち公演にどちらかが行くだろう。ウルトラCとして舞空アムネリスでアイーダを男役に充てるという星組初演と同じ構造もありうるかもしれない。星蘭ひとみさんがいたらと思わずにはいられない。
ちなみにファラオは輝月ゆうま特出イチオシ。彼女をファラオにするために専科入りした可能性すらある。
ついでに王家といえばスゴツヨ。若手路線娘役が歌うのが定番だが、瑠璃花夏・組替えの詩ちづるなら最高。

kageki.hankyu.co.jp

ミュージカル・コメディ
『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』
原作/オスカー・ワイルド
脚本・演出/田渕 大輔

オスカー・ワイルドの戯曲「An ideal husband(理想の夫)」をもとに、独身貴族の青年が、“理想の夫”とされる親友のスキャンダルを巡って、やがては真実の愛に辿り着く姿をユーモラスに描く。
舞台は19世紀末のロンドン。プレイボーイの子爵アーサー・ゴーリング卿は、友人であるロバート・チルターン議員の邸で開かれた夜会を訪れる。そこには、アーサーと関わりの深い三人の女性の姿があった。
かつて密かに惹かれ合いながらも、現在はロバートの“貞淑な妻”であるガートルード。顔を合わせればいつも喧嘩になる、ロバートの勝気な妹メイベル。そしてもう一人、財産目当てでアーサーに近付いたものの、更に良い条件の相手と結婚するため、アーサーとの婚約を三日で破棄した過去を持つ、ローラ・チーヴリー夫人だ。
今やウィーン社交界の花形となったローラが故郷に戻り、チルターン邸を訪ねたのには訳があった。それは政界一高潔な紳士と名高いロバートに、ある“切り札”を突き付け、彼女の不正に加担する議会演説を求めること。
「地位を守るため脅しに屈するか…はたまた、身を亡ぼしてでも正義を貫くべきか…?」
苦悩するロバートから全てを打ち明けられたアーサーは、彼の窮地を救うべく奔走することになるのだが…

ついにせおっち東上公演が実現。これで95期路線の水美・朝美・瀬央・桜木が全員東上公演をすることになる。競馬で言えば最後の直線で横一線になった状態で二番手羽根を背負った朝美が抜け出した状態。後続は宝塚カレンダー登場のマイティが「元禄」で二番手羽根を背負うだろう。残りのせおっちが二番手羽根を背負うのか二番目なのかが重要。この東上で決まると思う。上二人が強烈な岩盤と化しているずんちゃんはかなり苦しくなった。
しかし「田渕のコメディ」って何だよ感はある。

ちなみにローラは「別箱の女王」ことはるこかくらっちが濃厚だが、何かすごいのが欲しい。